SEARCH

NEWS

2021.05.26

「シュウ ウエムラ」が実現するサステナブル

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

工場からプロダクトまで、環境を想う「シュウウエムラ」
サステナブルな社会を実現する3つの柱
日本発のメイクアップ アーティストブランド「シュウ ウエムラ」は、その本質としてサステナビリティを受け継ぎ、その信念を追求し続けている。
自然に畏敬の念を抱き、感謝し、限りある資源の無駄使いを嘆く気持ちが込められる、日本の伝統的な美徳「もったいない精神」。その精神を理念とするブランドとして、常にこの世界で本当に価値のあるものに目を向けて大切にしていることが、様々な取り組みに表れている。
環境と大切な生き物たちの美しさをずっと守り続けることを願い、サステナビリティを実践する次の3つのアクションの柱を定めている。
日本の自然への思いやり
日本の自然保護の観点から、日本の農家で化学肥料や農薬を使わずに丹念に栽培され、手作業で採取した植物由来成分を使用すること。例えば、利島の椿栽培。栽培者の匠の技を守ることを重視して、栽培者から代々受け継ぐ独自の技と伝統を将来へ継承したいと考えている。さらに2030年までにフォーミュラの100%をサステナブルに調達した原材料へ切り替えることを目指す。
日本の職人への思いやり
クラフツマンシップを土台に築かれたブランドとして、世代を超えて継承された匠の技を守り、後世に残すこと。ブランドのプロフェッショナル仕様ブラシは、熊野の熟練した職人たちの手仕事で丁寧に作られているブラシ。長年の経験と職人技が込められた植村 秀が高く評価した逸品である。また、 ブランドのメイクアップ ボックスは日本で職人が一つひとつ丁寧に手作りし、極限まで完璧に仕上げられている。材料は慎重に選んだ再生紙を使用する等、サステナビリティの観点も取り入れている。
日本の資源への思いやり
私たちを育む自然と社会の調和のとれた循環のなかで、必要な分だけを取り入れること。日本発のメイクアップ アーティストブランドとして製品の95%は日本製と、日本の資源を重んじる活動を行っている。
日本ロレアルは全拠点で100%再生エネルギーを使用。日本の全てのオフィス・研究開発所でカーボンニュートラルを達成。世界中すべての拠点で、2025年までにカーボンニュートラルの達成を目指し、世界規模で気候変動の影響を軽減する重要な目標に取り組んでいる。
さらに、すべての二次包装紙及び、アイブローペンシル「ハード フォーミュラ」にFSC(※6)認証の原材料を使用。さらに、アイシャドーパレットのレフィル式パッケージ採用し、レフィル式の切り替えで、年間約10トンのプラスチック消費削減を実現。また、2025年までにすべてのアイシャドーパレットのパッケージを100%レフィル式、再利用、再生利用、またはコンポスト可能材を目指している。
ブランドを代表するサステナブルなクレンジング オイル
シュウ ウエムラのクレンジング オイルは原材料の調達、処方、パッケージ、製造、そして使い方に至るまで、すべての段階で日本ならではの細やかな気遣いを活かされ、優れた洗浄力、やさしい洗い心地、至福のテクスチャーといった本来のクオリティを守りながら作られている。クレンジング オイルはブランドを代表するサステナブルな製品なのだ。
自然との調和を配慮し、微生物によって分解される生分解性成分を選ぶようにしていて、例えば、ボタニック クレンジング オイルは99%生分解性処方である。
クレンジング オイルボトルは100%PCRプラスチックを採用。そのPCRプラスチックは国内で使用され、集められた使用済みプラスチックから作られている。クレンジング オイルボトルはすべて、リサイクル可能。エネルギーや化石燃料の消費を抑えながら、使用済みプラスチックを再加工可能だ。
テラサイクルと連携しリサイクルプログラムをスタート
こうした環境への配慮に優れたクレンジング オイルの使用済みボトルをより円滑な再生へとうながすために、2021年5月13日(木)より、シュウ ウエムラのリサイクル プログラムがスタートした。
一部店舗で使い終わったクレンジング オイルのボトルを回収し、リサイクルする取り組みを開始。回収したクレンジング オイルボトル容器はリサイクル加工し、再資源化されるという。
※会員限定特典として、シュウ ウエムラ クレンジング オイルの使用済みボトルを店舗に持ち込むと、ボトルのサイズに応じてリサイクル ポイントをプレゼントされる。
シュウウエムラ
https://www.shuuemura.jp
〈 / 〉

RELATED