SEARCH

NEWS

2021.04.02

ボルボ、2030年までに完全なEVメーカーに EV専用モデル「C40」もワールドプレミア

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

ボルボ・カーズは、新型EVでクロスオーバーモデルの「C40」をワールドプレミア。さらに、2025年には電気自動車(EV)販売比率を35パーセントに引き上げ、2030年までにすべてのボルボ車をEVにすることを発表。完全な電気自動車メーカーになることを明らかにした。

ボルボ、2030年までに完全なEVメーカーに
今後は急成長するプレミアムEV市場のリーダーを目指す
2030年に向けてピュアEVのみのラインアップとし、ハイブリッド車を含む内燃機関を搭載したモデルを全世界で段階的に廃止していくことを明らかにしたボルボ。今後は急成長するプレミアムEV市場のリーダーになることを目指していくという。
完全な電気自動車メーカーへの移行は、クルマ1台あたりにおけるライフサイクルの二酸化炭素排出量を一貫して削減するという計画の一部であると同時に、法律の制定や充電インフラの急速な拡大により、消費者による電気自動車の受け入れが加速することに期待が込められているとのこと。
また、ボルボでは今後、オンライン販売にも注力。ホーカン・サムエルソンCEOも「成功し続けるためには収益性の高い成長が必要です。そのため、縮小する事業に投資するのではなく、電気自動車とオンラインという未来への投資を選択しました」とコメントしている。
昨年発表された初の完全EV「XCリチャージ」につづき発表された「C40」は、EV専用モデルとして設計された最初の車両で、ボルボではゼロエミッションへの未来へ向けたコミットメントの現れと謳う。
クロスオーバータイプの「C40」は緩やかな傾斜を伴うルーフラインとリアエンドデザインが特徴。新たなフロントデザインは、EVボルボの新しい顔を表し、ヘッドライトは最先端のピクセルテクノロジーが搭載された。
このほかにもGoogleと共同開発したAndroidオペレーティングシステムを採用した新しいインフォテインメントシステムを搭載し、ソフトウェアのアップデートはオンラインで実施する。
「C40」の日本への導入は2020年秋ごろが予定されている。
転載元:OPENERS
ボルボ・カスタマーセンター
Tel.0120-922-662(9:00-18:00)
https://www.volvocars.com/jp
〈 / 〉

RELATED